筋トレと心と私

筋トレ情報、メンタルについてお話しします。

Giant Steps

しゃべくり007から学ぶ!?意外なマーケティング術!

巷のマーケティング本には

 

「まずは顧客を探せ」

「顧客のニーズに応えろ」

 

と、顧客ありきの考え方が多く、蔓延しています。

僕の会社でも上記のようなマーケティングを重視しているのですが、

 

テレビを見ていて、ハッとしたことがありました。

 

しゃべくり007です。

 

変わらない人気を誇る

しゃべくり007は顧客目線ではなく、

 

自分たち主義

 

トーク、時にはコントをしています。笑

そして、自分達主義が、

自らニーズを生み出している。

 

つまり、もともとあるニーズを意識して

求められていることを提供するのではなく、

 

自分たちがやりたいように、楽しくやることで、

ニーズを作り出す、究極のブルーオーシャン戦略。

 

クリアオーシャン戦略ですね。

 

失礼しました。笑

 

これが、長年の人気、高視聴率へ繋がっています。

 

日本テレビはこの、自分達主義、クリアオーシャン戦略が

抜群だと思います。

 

しゃべくり007

世界の果てまでイッテQ

THE 鉄腕DASH

今夜くらべてみました

などなど、

 

やりたいことをやりきる!

 

という姿勢が笑いを、感動を生んでいるのではないでしょうか。

 

どこか視聴者を無視しているとも言えるあの空気感が

見ている方はたまらなく、リアルで、笑い、感動もダイレクトですよね。

 

一方他局のバラエティは不振と言われています。

これは

視聴者の顔色をみて、笑いを作っている感が伝わり、

笑いにならないことが原因ではないでしょうか。

 

見比べてみると違いは歴然です。

 

(そんな中でも、アメトーーク、ロンドンハーツ

はどこか、視聴者無視で楽しんでいる雰囲気があり、

こちらもやはり、長年人気ですよね。)

 

 

これをビシネスに生かしても

同じことが言えるのではないでしょうか。

 

マーケティングに時間とコストをかけ、

いざ営業をしてみると、なかなか結果が出ない。

 

マーケティングをし、相手が求めていることをしてみるも

結果が出ない。

 

まず、周りが同じことをしているのでそれは結果が出ないでしょうし、

どこか相手の顔色を見てする営業というのは聞かされる身としては

中々つまらないですね。

 

 

営業でもどこか、顧客は無視して、

自社のサービス、製品に夢中になる。

サービス、製品を楽しむ。

 

 

それが、ニーズを生み出すことも大いにあり得えます。

 

美容院で良い例があります。

従業員が好きな、髪に優しい薬を使い、パーマ、染髪、トリートメントをし、

従業員が良いと思う接客をしてみたところ、

 

お客さんが定着したことはもちろん

 

定着したお客さんはその従業員や雰囲気が好きな人。

 

さらに来店を紹介制にしたことで、定着したお客さんから

新たな顧客を生み出してもらう。

そのお客さんは固定客の紹介ということもあり、

やはり、そのお店の固定客として定着する・・・

この繰り返しを実現できているそうです。

 

 

まとめ

 

自分主義でいることは

 

ニーズを生み出し、さらに、ファンの構築にもつながり

しゃべくり007や、イッテQのように長年愛され、利益を産み続ける

ことが実現できるマーケティング手法なのでした。

 

 

 

今日もお付き合いいただき、ありがとうございました。

 

 

 

parmy