筋トレと心と私

筋トレ情報、メンタルについてお話しします。

Giant Steps

周りと圧倒的に差がつく!1日3冊本を読む、3つの秘密

みなさん今日もお読みいただき、ありがとうございます。

parmyです。

 

本を読みたいけど、

時間がない!

時間がかかる!

また、読めたとしても、

読んだ後、しばらくすると内容を忘れてしまう!

 

という悩みはありませんか?

 

これから紹介する秘密を知れば、1日に3冊本を読むことができ

なおかつ、

仕事に本で得た知識を生かすことができます。

 

(まとめてて、ワクワクしています笑この記事が少しでも役に立てればと思います。少しの間お付き合いください♪)

 

早速ですが、秘密は3つあります

①目的をはっきりさせる

 

②80対20の法則

 

③本は汚してなんぼ

 

この、たったの3つです。

早速詳しく説明します。

 

 

 

 

①目的をはっきりさせる

一日に本を3冊読み、内容を自分のものにするには、

本の中で、重要である箇所とそうでない箇所を見極めをつけることが重要となります。

そのために、目的を明確化することで、

読むスピードも、も向上します

 

その根拠として、

カラーバス効果

という説があります。

 

例えば、妊婦さんになった途端、

街に妊婦さんが増えた気がする。

 

僕の場合、Jeepが欲しいと思い始めた途端、

街にJeepが大量発生しました。(Jeepは実際に売り上げを伸ばしてますが笑)

 

このように、意識しただけで、それが目につくことを

カラーバス効果と言います。

 

本に応用しますと、

本を読む前に目的をはっきりさせることで

 

自分に必要な情報が目に入りやすくするのです

また、理解のスピードと、脳への吸収率も明らかに違います。

 

人間の潜在能力を生かした秘密です。

 

 

 

②80対20の法則

一日に3冊の本を、1ページ目から読んでいたら、それはそれは疲れますし、

時間がかかりすぎて、知識の吸収力も落ちていきます。

より早く、効率よく知識を吸収したい、

 

そこで80対20の法則の出番です。

これはイタリアの経済学者である、ヴィルフレド・パレードが提唱したもので、

「イタリアの国民全体の2割が、イタリア全体の8割の富を生み出している」と

提唱したものです。

身近なことで例えると、

ある会社で100人の従業員がいたとして、働きぶりを分析すると、本当に優秀なのは、

全体の20人だけ。彼らが売り上げの8割を稼ぎ出しています。

 

なんだか、自分の会社に当てはめても納得できませんか?

 

また、これは仕事にも当てはまります。

その仕事を終わらせるためにかかる時間のうち、20%の時間

成果の80%を得ることができます。

 

本を読む際もこの法則に則り、

本から得ることができる自分が知りたい情報は

全体の20%を読むだけで得ることができる

と考えます。

従って、本を隅から隅まで読む必要はありません。

20%読めば、その本が言いたいことはほとんどわかります。

 

読み方としては、目的をはっきりさせ、本を読み進めていきますが、

自分の目に止まらないページは横読み

し、軽く流して読みます。

 

しかし、自分にとって大切だと思うページ、箇所は

じっくり読み進める、という方法です。

 

それでも全部読まないと!と思った方は一度、全て読んでみてください。

おそらく、2度目に読む時は大して新しい発見はありません。

 

 

 

③本は汚してなんぼ

一般的に本を汚すことはタブー視されているように思います。

僕も以前は本にはメモや折り目をつけることはなんとなく、避けていました。

 

しかし、読み終わり、その本の表紙を見返した時、

何が書いてあったのか、何を学んだのか、思い出せないことが多かったのです。

 

そこで僕は単なる本を

資産に変えよう

と、本の大切だと思った箇所にメモや、

重要なページに折り目をつけることにしました。

(英語ではドッグイヤーと言うそうです。笑)

それだけで、簡単に本は資産になります。

 

具体的には80対20の法則でお話しした、

自分にとって大切だと思うページ、箇所は

じっくり読み進める

この時に、線を引いたり、折り目をつけたりしています。

 

また、本を読んでいて浮かんだアイディアは

余白に書き込むようにしています。

なので、僕の本はすぐにくしゃくしゃになります。

 

僕にとって本を読むことは投資に近い感覚です。

本に費やしたお金、時間をより密度の濃いものにしたいと思っています。

 

本を汚す、という考えは

本を読み終わった後にも役に立ちます。

もちろん、表紙を見ただけで、学んだことを思い出すことができます。

また、

折り目やメモがしてあるので、

読み終わった後でもすぐに重要なページを見返すことができます。

 

 

 

以上を知れば、1日3冊本を読むことでき、

知識を吸収し、自分の資産になるでしょう。

 

本は己との対話でもあり、先人からの教えでもあります。

みなさんの読書という素敵な時間が、より有意義な時間になりますように

 

 

今日も読んでいただきありがとうございました。

 

 

parmy