筋トレと心と私

筋トレ情報、メンタルについてお話しします。

Giant Steps

ネガティブでよかった。そう思えた3つのこと

みなさんこんにちは

 

parmyです。今日も読んで頂き、ありがとうございます!

 

ブログのタイトルでもあるように、

僕はネガティブだと思います。

ネガティブなのに、リーダーに選ばれました。笑

 

でもネガティブでよかったと思えることもありました。

今日はその3つを紹介します。

 

①周りが助けてくれる

僕はネガティブなので、あれができるか心配、

これで合ってるか心配。。考えると色々出てきます。

 

それを周囲に漏らしていました。

すると、周囲が僕の頼りなさから、主体的に動いてくれたのです。笑

 

ネガティブも周りに公言すると、

悪いことだけじゃないですね。

 

結果、心配した分だけ、周りのフォローが入りました。

 

②意外に良い結果が出ることが多い

ネガティブなので、成果が出るのか毎日心配しています。

もしかしたら、今月は無理かもしれない・・・

なので、毎日ノルマを達成するために一生懸命になります。

 

それでも心配だ。大丈夫かな・・・

 

とかなんとか思っていると、スルーっと

今月のノルマを達成。

 

あっけにとられます。

 

自分の中の心配ごとの9割は実現しない。

と言われているように、ネガティブに考えても、

実際はそうもいかないようです。笑

 

心配していた分、喜びも他の人の倍に感じました。

また、心配が多い分、喜びの機会も多いですね。笑

 

③ネガティブでもいいんだと思える。

ネガティブでも、現実にはいいことがたくさん起こる。

そうなると、自分はネガティブでいいんだと思えてきます。

 

ネガティブでいることが悪いことなのではなく、

 

ネガティブでいる自分を否定することが

悪いことなのです。

 

じゃあ、自分を否定しないためにはどうすればいいのか。

実際、自分のことを自分で肯定できればそれに越したことはありません。

がしかし、

なかなかそうもいかない時があります。

 

そんな時は周りを見てみましょう。

周りに助けてもらいましょう。

 

「〇〇さんって癒し系ですよね」

 

「〇〇さんがいるから頑張れたよね」

 

など、意外と、自分が評価していないところを

他人が評価してくれています。

 

そこから、がんばった自分を褒めてみましょう。

 

今日も読んで頂きありがとうございました。

 

 

parmy