筋トレと心と私

筋トレ情報、メンタルについてお話しします。

Giant Steps

【メンタル】自分を磨いている人は、人を傷つけない

みなさんこんにちは。

parmyです。

 

突然ですが、

 

人を傷つけることってどういうことだと思いますか?

 

僕は、自分を傷つけることだと思います。

 

人はそれぞれ、命を持って生まれてきます。

その1分1秒が、自分のために、起こっていると思ってます。

 

だから、毎日、一瞬一瞬人は成長しようと思えばできるし、

そう思わなければ、成長はしない。

 

だた!

人を傷つけている時間は、成長でも、維持でもなく、

退化です。

 

人を傷つけることで、自分を正当化する行為、

 

それは退化だと思いませんか?

 

なぜそういうことをするのかというと、

 

甘えだと思います。

 

成長することは努力を伴います。

辛いことを自分に課し、それを乗り越えて、

人は輝くと思うんです。

 

成長ってそういうことだと思います。

 

 

でも、人を傷つける人は成長しようとしない。

 

甘えて、努力をしない。

 

でもそのままの自分も嫌だ。

 

楽して、じぶんを正当化できる方法

 

それが、ひとを傷つけることではないでしょうか?

 

だから、誰かに傷つけられても、

それは、あなたが傷ついているんじゃなく、

 

その人本人が傷ついていると考えられます!

 

傷ついた時は、悲しいかもしれない。

怒りが湧いてくるかもしれない

 

けど、確実に相手が傷ついている。しかも、

残酷なことに、本人は気づかないうちに。

 

だから、ひとを傷つけることは本当に、悲しいことなんですよね。

 

人を傷つけようとして、自分を正当化しようとして、

 

気づかぬうちに自分を傷つけている。

 

最低ですが、あなたが悲しむことじゃない!

 

あなたは胸を張って、自分を成長させることに集中しましょう!

 

 

読んでいただきありがとうございました!

 

 

人を傷つけたい人なんていない

駅のホームで小競り合い

 

肩がぶつかり、小競り合い

 

お客さんに粗相をしてお競り合い

 

こういうことする人は

 

「自分の存在を世の中に示したい」

 

 

 

僕は人が争う光景をみるだけで、胸がドキドキします。

怒りのドキドキの方です。

 

なんなら、僕が間に入って黙らせたいくらい笑

 

でもふと思ったんです。

 

 

相手を傷つけようとして、傷つけている人はいないんじゃないか?

 

 

僕も、肩がぶつかると、すごく嫌な気持ちになり、

正直、やり返そうかと思うこともあります。それは、

明らかに、当たりに来ているから。

 

でも相手の気持ちになってみるとどうでしょう。

 

おそらく、何か、心に抱えている気がするんです。

 

「いらいらするなぁ」

「お前が避けろよ」

 

誰でもいいから傷つけてやる!

という発想で、肩をぶつける人はいないんじゃないかと思うんです。

 

「今日の仕事やだなぁ」

「昨日嫌なことあったなぁ」

「なんで俺が、、、」

「ふざけんな」

 

自分の本当の声に気づけていない人たちがイライラして、

人にぶつかり、小競り合いしているんですきっと。

 

かといって、その人たちを肯定するものではないですよ?

 

僕はそういう人嫌いです。笑

 

でも

可哀想な人たち何です。

 

認められず、自分に自信がないから、人に当たる。

 

つまり、人とぶつかる目的は、

 

「自分という存在を世の中に示したい」

 

っていうちっさい欲望なんです。

 

そして、世の中に存在感を与える、勇気も、自信もない

 

 

だから僕は、自分という存在を世の中に、

 

みんなが示せばいいと思うんです。

 

そしてそれは、いやいややることじゃなくて、

 

好きなこと、得意なこと、

 

極論、趣味ですよね。

 

競馬場に行くと、馬にめちゃくちゃ詳しいおじさんがいて、

そこらへんの大学生より、勉強してます。

 

それは好きだから。

 

美容室に行くと、カラーの仕組みについて、

マニアックに説明してくれるお兄さん。

 

好きだから美容師をしているそうです。

 

そうやって、好きなこと、得意な事を極めて、

 

人の役に立てばいいと思うんです。

 

そしたら、朝の駅の小競り合いなんて、してる暇ないし、

 

人と争うこともない。

 

 

自信は自分で手にいれるもので、

 

人を傷つけても、人を蹴落としても、

絶対に得ることはできませんよね。

 

 

だから僕も、好きなことをして、

 

自信をつけて、

 

人の役に立つことをします。

 

 

parmy

 

 

 

【偏頭痛、コリ、ストレス、イライラ、解消したい!!】超圧倒的個人的見解だからこそ、書きます。

どうせなら、いつも気分よく、

機嫌よく、楽しく過ごしたくないですか???

 

(この記事は僕の経験から生まれております。

個人的な意見ですので、すごく役に立つか、すごくあか〜んか。

どっちかです!)

 

 

今日はなんだか、気分が乗らない。

なんかイライラする。あの人やだ。

いわゆる、機嫌が悪い状態

 

って誰にも優しくできないし、楽しくない。

 

こんな状態嫌です、僕ももう嫌ですほんと

 

逆に、

 

今日はなんかいい日だ!

今日は調子いいぞ!

 

機嫌がいい日は、仕事も人間関係もスムーズ♪

 

ホント、常に、機嫌良くいたい!

 

そのために、

どうしたらいいのか、身をもって試して見ました!

僕が効果的だと思った方法を2つご紹介します!

 

 

①今日起こりうる悪い出来事をあらかじめ想定しておく

 

前を向ける対処法です。(決してプラス思考になりなさい!ってことじゃないです!)

 

僕の場合、イライラ、機嫌が悪い状態は、

身体からきます!!

 

偏頭痛、体のコリ

 

これくると平日、休日関係なしに、

 

「終わった・・・」

 

と心が折れ、機嫌が悪くなります。

 

理由を考えてみたら、こう思っていました。

 

「なんでこんなことになるんだ。」

「なんでまたこうなるんだ。」

 

これが機嫌の悪くなる入り口でした。

 

そのため、とくに、休日出かける時は、

体の調子が悪くなることを想定して出かけます。

不機嫌の入り口を通らないために。

 

これ試してみてください。

 

実際、体調がわるくなった時に、

 

うろたえなくなります。

 

ので、機嫌が悪くなるというよりは、なんとか対処しよう!

前向きに考えられるんです。

(これは習慣化することで、より強固な武器となります)

 

僕の場合は、3分の1が優しさでできてる鎮痛剤やら、休憩やら、対処して過ごし、

気づくと、治ってる。なんてことが多いです。

 

それでも、体調が回復しない場合は、

 

 

帰ります。笑

 

 

でも悲しくないよ!(誰)

 

想定してましたから、想定内なんで!

 

是非、試してみてください。

 

②目の前のことにすんごい没頭する!

 

これは少し雑?と思いきや、効果高いです!

 

 

少しでも、嫌なこと、心配なこと、

イライラすること、に支配されそうになったら、

 

目の前のこと、今していることに没頭しましょう!!

 

僕の経験でいうと、

 

・目の前の物を数える

 

・目の前の物の色を確認する

 

・体の状態に意識を向ける

(呼吸のお腹の動き、体の重さを感じる)

 

いわゆる、

 

今を生きるってやつです!

 

こんな仕組みがあります。

 

人は、出来事に、意味づけをするようにできています。

 

脳の仕事として、今何をすべきなのか、判断するために、

出来事に意味をつけて、自分が何をすべきなのか、判断するんです。

そして歳を重ねるごとに、意味づけは多くなり、固定化され、

習慣化し、日頃の瞬時の判断に一役買っているのです!ありがとう脳!

 

がしかし、

 

そんな素晴らしい機能も、デメリットがあり、

 

今の状態に、悪い、最悪、という意味をつけ、

自分自身の機嫌を悪くしてしまうこともあるんです。

そしてそれが習慣化すると、機嫌が悪くなるルーティンができてしまいます。

 

例えば、僕の歴史を振り返って見ましょう。

 

「雨」が降ったら・・・

 

この前まで「雨かぁ。最悪。」(機嫌わるい)

 

大学生「雨?てか早く飲み行こうよ」(何も考えてない)

 

小中高生「雨かぁ部活なくなってよかったぁ!」(雨サンキュー)

 

年長くらい「雨だぁ!雨貯めようゼェ!」(雨降ってるのは知ってるけど、それが?)

 

赤ちゃん「バァブゥ!きゃっきゃっきゃ!!」(可愛い笑顔)

 

 

と、雨に対して、どんな意味づけをするのかは、その人によって、

その時代によって変わってくるんですね。

 

そして、その意味づけに、導かれて、その後の行動を決めている。

 

 

何が言いたいかといいますと、

 

つまり、今習慣化してしまった

「出来事に、悪い意味をつける」

というルーティンワークをしないように

 

目の前の行動、出来事をただ、

する!見る!

 

ってことをするだけで、不機嫌への入り口を回避することができます!

 

気づいたら、機嫌が悪くなることを忘れてますよ!

 

そしてどうせなら、習慣化してしまいましょう!

 

 

まとめ

 

これらははっきり言って、脳のトレーニングです!

 

今、機嫌が悪くなりやすい人は、

脳の習慣で、機嫌が悪くなっているので、

その習慣を変える!

 

そのために、

 

①今日起こりうることをあらかじめ想定しておく

 

②目の前のことに没頭する

 

以上をすることで、脳の習慣をかえ、

機嫌良い状態に保てるようになります!

 

そう、

逆に言うと、機嫌が良い状態を習慣化すれば、

常に機嫌が良い状態でいれるってことなんですよね!

 

個人的な意見でしたが、実際に経験している

生の情報でした!

 

お役に立てれば、嬉しいです!

 

parmy

飽き性を圧倒的強みに変える方法!気付けてよかった!

あれもしたい、

 

これもしたい

 

もっとしたい、もっともっとしたいーーー!!

 

と、好奇心旺盛なparmyです。

 

僕は正直、飽き性です。

飽き性なんですが、いろんなことに興味を持ってしまい、

なんでも手を出してしまい、中途半端に終わってしまいます。

 

そんな飽き性を強みとするなら、

 

好奇心旺盛

 

ですよね。

 

この、好奇心旺盛を

強みとして、生かしたいと思っていたところ、

素晴らしい言葉に出会いました。

 

人にはキャパがある

 

やりたいことが5個もあるとして、

全てをこなすことは僕には無理でした。

 

 

僕は多くて、2個、2個であれば、同時進行できそう、

 

 

なので、やりたいことを2つに絞って

 

極めていきます。

 

極めてみて、違うなぁと思ったら、別のことをする。

 

その過程を、シェアして、人の役に立つ情報を発信できれば

僕は文句なしです!

 

 

いわゆる、選択と集中ってやつですね!

 

 

選択と集中をして、頑張ります!!

 

みなさんも自分のキャパを把握した上で、

 

その好奇心を強みとして発揮して見ましょう♪

マイナス思考は本当のプラス思考!

みなさんおはようございます。

 

 

プラス思考になるために、、、

 

プラス思考の方がいいことがあるに決まってる。。。

 

と、巷ではプラス思考になるための本や考え方が溢れていますが、

 

僕は、プラス思考よりも、マイナス思考寄りなので、

 

マイナス思考の良いところを紹介します。

 

・マイナス思考は、先の事を心配できる能力があります。

・度重なるアクシデントは想定内として、準備することができます。

 

そして、想定したアクシデントに円滑に対応し、結果を出すことができる

ので、結局、結果はプラスに終わる。

 

とてつもないスピードで変化するこの時代には欠かせない思考が

マイナス思考だと思うのです。

 

僕自身のことで考えると、

体調が良くないことが多いのですが、

 

そのことを想定して行動します。

 

大事なのは、心のありようだと思うんです。

 

こうなったらどうしよう・・・心配だ・・・

と思っているより、

 

こうなった時はこうしよう!

 

と考えるだけで、落ち着いて過ごすことができます。

 

☆まとめると、

プラスを生み出すマイナス思考とは

心配事、アクシデントを想定することができ、

準備し、対応できること。

 

おすすめしないマイナス思考は、

こうなったら、どうしよう、あぁなったらどうしよう・・・

と心配している状態でいることです。

 

 

今日も読んで頂きありがとうございました。